Google
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TECHHOT

色々書いてます。プログラミングのことも使えるかなと思ったら書きます。個人でブログとは関係なく運営しているワークショップのことについてもいずれはまとめて書いていきます。

スポンサーリンク

Gmailをハッカーから守る方法5選

技術系

今このくそみたいなブログを見ているかたの中にもGmailを使っている方はいるでしょう。

ここではGmailハッカーから守る方法を5個紹介する。




Gmailは大成したメーリングネットワークである。現在、大部分の人は電子メールを送受信するために毎日Gmailアカウントを用いている。

その大部分の人は根拠も無しセキュリティを信じGmailを使っている。それにメールトラッキングだけだろ?なぜそんなことを気にしなきゃならんのだ?と思っているだろう。

だがそれは違う。厚切りジェイソンの言葉を借りると「Why Gmail Peaple!」と言える。(本家と比べると全然面白くない)

多くのハッカーは、可能な限り大量のデータを盗む。メールトラッキングだけだと甘んじていると地獄を見る。

昨今、多くの企業はあなたがメールを開いたとき、確認することができる。

許可を得てあなたがメールを開いたものについて解析が可能なのだ。

つまり、企業と称しメールを送られた場合気付かずにあなたを解析されてしまう。それを防ぐために対策を講じるべきだ。

以下、自身のGmailアカウントを保護する方法に焦点を当てる。

Ugly Emailを使え

f:id:anmitsux:20160124160004p:plain

1.まずはGoogle ChromeをPCで開こう
2."Ugly Email"を検索しGoogle Chromeにインストールしよう。これを導入することでトラッキングメールからあなたを守る。
3.上記の画像のように目のマークが表示されたらトラッキングメールになる。
簡単にトラッキングメールだと判断できる。

Google2段階認証

f:id:anmitsux:20160124163922p:plain

これは、様々な脅威から保護しアカウントを保つ。非常に安全なプロセスで実行可能だ。

ユーザーはワンタイムパスワードを用いて2つ目のデバイスに文字またはGoogle認証アプリを通して承認される。

だが、実際はテキストを用いたほうが得策だ。

2つ目のデバイスはモバイル、ラップトップまたは他のデバイスと設定できる。

Googleアカウントへアクセスするために2つ目のデバイスのアプリを通すと脅威が2倍になってしまう。2つ目のデバイス自体のセキュリティがしっかりしていればよいが、危険は拭いきれない。なんでも便利なものに頼りすぎるとその分危険が増えてしまうのだ。

つまり、テキストの方がハッカーによる解析が時間を要することになるため、それなら簡単な解析を大量にこなした方がデータは大量に手に入ることが想像できる。

スパム・フィッシングであるメッセージを信じろ

f:id:anmitsux:20160124160006j:plain

フィッシングフォルダ、スパムは避けよう。

最も悪質なメールには以下のような件名が想定される。

お金を稼ごう、金を請求などである。

このような件名のメールが唐突に送られて来たらまずは疑ってかかろう。

私も最近だがFXの手法を無料で教えるといった旨のメールがきた。私もFXを実際にやっているのでその関係のメールはうれしいが、手法を教えるという馬鹿みたいな件名には少々呆れた。

メールはまず件名に注目しよう。

パスワードは開示してはならない

http://www.flickr.com/photos/22971095@N08/4511850630

誰かとパスワードをシェアしてはならない。Googleにログインする際はしっかりgoogle.comから入ろう。

変装

http://www.flickr.com/photos/40107264@N02/6681037203
photo by Normand Desjardins Café•Moka Personnel/Personal


ホテルやカフェなどの公共でアカウントを使用している場合、クッキーが保存される。

だがプライベートモードを使うことで履歴もクッキーも残らず情報漏えいを防げる。

またクッキーや履歴を消す設定ボタンが見つからない場合はログアウトをすればブラウザデータは確りと消えるので安心してよい。

まとめ

以上ハッカーからGmailを守る方法5選だ。

役に立った、おもしろいと思った方は友達とまたはSNSでシェアして頂きたい。

広告を非表示にする